ミクロコスモスな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東欧の調べ」2017〜ソプラノ日向野菜生さん

<<   作成日時 : 2017/04/30 17:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年の「東欧の調べ」は、12月の予定。
帰国中の日向野菜生さんにお会いして、演奏会のプログラムについて打ち合わせの時間をとることができました。
画像


毎年、日向野さんには素晴らしい東欧の作品をご紹介いただくのですが、12月5日はモーツァルトの命日。モーツァルト作品も盛り込んでいけたら、などとお話が進みました。
どうぞ、ご期待ください!

「東欧の調べ」2017
12月5日(金)夜公演
練馬区大泉学園ゆめりあホール

ソプラノ日向野菜生 Nao Higano
聖徳大学短期大学部音楽科、専攻科を卒業、研究生課程修了。スロヴァキア共和国給費留学生制度合格、5年間ブラチスラヴァ芸術大学にて声楽の研鑽を積み、3年間の研究員課程修了。芸術博士号ArtDを獲得。’95年国立コシツェ歌劇場にてオペラ「椿姫」主役オペラデビュー。’99年からスロヴァキア国民歌劇場ソリストとして定期的に客演。’00年ブラチスラヴァ城コンサートホールにて、ゼルイェンカ作曲「和歌」世界初演をヴァルハル室内管弦楽団と共演。90年代からプラハ混声合唱団と定期的に共演し、日本巡回ツアーにも抜擢された。スロヴァキア国立ジリナ室内管弦楽団とは2回に渡るオランダツアーに、また’04年スロヴァキア国民歌劇場日本ツアーに抜擢された。スロヴァキア国立ジリナ・コンセルヴァトワール、チェコ国立クロムニェジーシ・コンセルヴァトワールなどで 声楽教授を務めた。現在チェコやスロヴァキアを中心に芸術家として、さまざまな活動を展開している。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

「東欧の調べ」2017〜ソプラノ日向野菜生さん ミクロコスモスな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる