ミクロコスモスな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3幕 〜 グラナドス/ オペラ「ゴイェスカス」

<<   作成日時 : 2017/02/27 06:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年のミクロコスモス《 Anniversary series》では、
10月28日(土)にグラナドス「ゴイェスカス」の上演を目指して準備を進めています。
今年、2017年は生誕150年を迎える、スペインの作曲家です。

今回は第3幕です。

第1幕はこちら
間奏曲はこちら
第2幕はこちら

第3幕は《マハとナイチンゲール》との副題がついています。
場面は月夜のロザーリオの家の中庭です。

「マヤとナイチンゲール」 La Maja y el ruiseñorと題されている、ロザーリオのアリアから音楽は始まります。
ロザーリオは月夜に中庭のベンチに腰掛けています。
フルートが奏でるナイチンゲールの美しい鳴き声が聴こえてきます。

そこにフェルナンドがやってきて、歌います。

「窓辺の恋の二重唱」 Dúo de amor en la reja と題されている二重唱です。
フェルナンドは嫉妬してロザーリオの愛を疑いますが、ロザーリオは絶対に心を動かしたことはないと告げ、二人は愛を確かめ合います。

10時の鐘が響くとフェルナンドは決闘に出て行こうとします。
ロザーリオは必死で止めますが、彼は彼女を振り払って出て行きます。
そんなフェルナンドをロザーリオは追いかけて行きます。

中庭は静けさに包まれ、月の光が照らしています。
そこに2人の悲鳴が響きました。

「愛と死」Escena Final El Amor y la Muerte 
ロザーリオは死に至る傷を負った恋人を大理石のベンチに寝かせ歌います。
しかし、瀕死のフェルナンドは恋人に別れを告げるのです。

ロザーリオは死にゆく恋人を前に嘆き悲しみ、幕となります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

第3幕 〜 グラナドス/ オペラ「ゴイェスカス」 ミクロコスモスな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる