ミクロコスモスな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ところざわ〜航空航空記念公園その2

<<   作成日時 : 2017/03/07 05:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

所沢市にあります、航空公園。
正式には所沢航空記念公園という名称です。
とても広い公園はきれいに整備されていて、ジョギングを楽しむ人やベンチでくつろぐ人。
犬を連れている人などたくさんの方々に愛されています。
所沢市民のみならず、都内や近郊の小学生も電車にのって遠足でやってくるなど、一日のんびり過ごせるとても素敵な公園です。

そんな公園の一角に像を見つけました。
画像


その隣にはこの像の説明がありました。
画像

内容はこちら〜
航空発祥の地・ところざわ

航空整備兵の像

この像は、昭和18年、彫刻家故長沼孝三氏(1908〜1993)が第二回大東亜戦争美術展に出品し、翌19年5月21日に、当時この地にあった所沢航空整備学校内に建立されたものです。
翼を抱き、空を見上げる航空整備兵三人の姿は、当時の少年飛行兵や整備兵のシンボルとされていました。
戦後、所沢飛行場は米軍基地として接収され、昭和46年の基地返還により、所沢航空公園として整備されました。しかしこの像は痛みがはげしかったため、所沢航空資料調査収集する会では、後世にわたりこの像を保存していこうと、平成9年2月、長沼孝三彫刻館(山形県長井市)の協力をいただき、修復工事を行いました。
空への夢と希望を抱いたこの像が、市民のやすらぎや平和への祈りを込めた像として永く市民に親しまれていくことを願ってやみません。

平成10年3月
所沢市
所沢航空資料調査収集する会


このような歴史があったのですね。
また、米軍基地として使用されていた時期があったにもかかわらず、この像が壊されずに残されていたというのも、感慨深いものがあります。

さてさて、そんな所沢航空記念公園に隣接する、所沢市民文化センターミューズ。
ミクロコスモス《Annieversary Series》は、この所沢航空記念公園と隣接するこちらのホールでの上演となります。

2017年10月28日(土)13時半(予定)開演のグラナドスのオペラ「ゴイェスカス」。

合唱出演者を募集しています!

どんな作品かご存知のない方も多いと思います。
どうぞこちらのyoutubeでご覧ください!
グラナドス オペラ「ゴイェスカス」

 土曜日午前中、池袋付近の練習会場にて、オーケストラ合わせを含めて、全16回の予定
【すでに決定している練習日】
・5/13(土) ・5/27(土)
・6/10(土) ・6/24(土)
9時半〜12時 東京芸術劇場中リハーサル室 です。

 ✳︎楽譜はこちらで用意したものをご購入いただきます。練習費、参加費などお気軽にお問合せください。

グラナドス生誕150年の記念の年にご一緒に歌いませんか?
お申込み、お問合せはこちらまで!

メール  micro@mub.biglobe.ne.jp(ミクロコスモス 担当:久保田郁子)
FAX   04 - 2968 - 3517
TEL 090 - 8039 - 5205

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ところざわ〜航空航空記念公園その2 ミクロコスモスな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる