ミクロコスモスな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京芸術劇場小会議室〜迷わず行けますか?

<<   作成日時 : 2017/07/29 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日はゴイェスカスの合唱練習日。
ほとんど池袋の東京芸術劇場の地下にあるリハーサル室で練習をするのですが、抽選ということでダメな時もあります。
今日は東京芸術劇場6Fにある小会議室というお部屋での練習をしました。

会議室とは言ってもご覧の通りセミコンですがグランドピアノがあります。
音が響きすぎるとか、吸いすぎるということもなく、落ち着いて合唱練習ができます。

今回は初めて、パート毎に練習時間を分けてスケジュールを設定してみました。
オペラ故なのでしょうか、2幕にはパート毎に言葉も旋律も違うという部分があります。
合わせると何が何だか分からず、気づいたら1小節ずれて終わっていたなんてことも…はぁ〜

男声の練習が終わって、アルトの方の時間なのに5分前になっても皆様の到着が遅い。
遅いのです。

時間ちょうどになり、みなさま「やっと着いた!」と練習がスタート。
心配はしていたのですが、その理由は、ここの場所が難しいということだったのです。

エントランスからまずは5Fを目指します。
地下2階のリハーサル室に向かうエレベーターとは違うエレベーターに乗らなくてはいけません。
または、大ホールに向かうエスカレーターに乗り5Fに進みます。

そして、大ホール入り口を背にして“本当にこっちでいいのかな〜”と自信なく進んで行くと、階段があります。エレベーターやエスカレーターはありません。

しかたなく階段を登ると6Fに到着します。それでもお部屋の表示は見えず、“本当にこんなところにあるのかな〜”などと訝しく歩き進むと建物の奥に小会議室5というお部屋に到着するのです。

一般が借りられる東京芸術劇場のお部屋の中で1番遠い場所かもしれません。

しかも、手続きの書類には小会議室と書いてあるのですが、実際の表示がミーティングルームになっていたり、とても悩ましいのです。

とにもかくにも、練習は終わり、次回はもう8月。
演奏会までどんどん近くなって参ります。

ご期待ください!

画像

グラナドス生誕150年演奏会
オペラ【ゴイェスカス】演奏会形式・スペイン語上演

2017年10月28日(土)
13:30開演
所沢市民文化センター ミューズ大ホールにて

指揮/久保田洋

ソプラノ/ロサーリオ 赤池優
メゾ・ソプラノ/ ぺパ 田辺いづみ
テノール/フェルナンド 下村雅人
バリトン/パキーロ 古澤利人

イープラスでのチケット発売開始までもう少しお待ちください。

お問い合わせはこちらまで!

ミクロコスモス
micro@mub,biglobe.ne.jp
090-8039-5205

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東京芸術劇場小会議室〜迷わず行けますか? ミクロコスモスな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる